« アルパークランチ 寒い雪の日 | トップページ | また雪(-_-;) »

2017年2月12日 (日)

うっすら雪・・・佐藤愛子さん あと3冊

今回の雪 このあたりはそんなに積もらなかったけど 気温は低くて 寒い。

写真はきのうの朝です。 今朝もこんな感じでした。

しかし きのうもきょうも 昼頃にはすっかり とけてしまいました。

今回は山陰 鳥取あたりがすごかったみたいですね。

Img_2263

Img_2264

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日 佐藤愛子さんの本を2冊買って読んだって書きましたよね。

そしたら 主人が古本屋さんにあったから 買ってきたと 3冊買ってきてくれました。

Img_2269

今までのも 似たような感じの短編ばかりなので  

もういいかcoldsweats01  と思っていたのだけど

せっかく 買ってくれたんだから と思い  読みました。

自讃ユーモア短篇集の中に ”むつかしい世の中”というのがありました

息子家族と同居していた おばあさんが 同居に不満があり (芦屋に住んでいた。)

紀州の田舎に家を建てて(お金がある。)

家事手伝いの娘さんと2人で住むというお話です。

そのお手伝いの娘さんが 朝寝坊をする 大食いをする 家事がちゃんとできない

・・・・で 朝食は早く起きた自分が作る  その作ったものを遅く起きたお手伝いさんが

食べる・・・・などなどをおもしろおかしく 書いてあります。

「おばあちゃま お正月はどうされますか?」とのお嫁さんの電話に「こちらで過ごします。」

と返事をする。 あちらには 大学生になる孫たちもいる。

結局 おせち料理なども自分で作る(お手伝いさんにまかせられない)ことになる

大晦日 お手伝いさんは さっさと早く寝てしまう。

生まれて 64年 一人で除夜の鐘を聞いたのは初めてだ・・・・・と書いてある。

そこで 超 びっくり w(゚o゚)w

おばあちゃん おばあちゃん と書いてあったので そのつもり?で読んでいたら

えぇー 64歳なの ・・・と 

そのことに とっても 驚いた ・・・・昔はそんなイメージなの?

と調べたら 1978年の連載だった。 1978年なんて そんな 昔じゃあないcoldsweats02 

その頃 私は もう結婚してたけど そんな 感覚はなかったような気がします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今 私は もう64歳はちょっと?超えてる

私は 奥様という訳には いかないから じゃあ 役どころとしては ばあや だね。

ばあや お庭の手入れを! と言われると 暑い 寒い 虫が 後で・・・・。

おそうじ 超適当coldsweats01

料理を! と言われたら 「ちょっと クックパッドで調べてから・・・。」

お買い物を! と言われたら 「ネットで注文しておきましょうか?」

「この 年寄り2人の田舎暮らしのブログ作りましょう。」

「もう 来月から来なくていいからね。」 と  ばあやとしても役には立たないcoldsweats02

40年も経てば時代も変わったのか? 

40年前も今もあまり変わり映えのない毎日を過ごしてるようにも思えるんだけど・・・・。



« アルパークランチ 寒い雪の日 | トップページ | また雪(-_-;) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルパークランチ 寒い雪の日 | トップページ | また雪(-_-;) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ

facebook

無料ブログはココログ