« 最近の思い | トップページ | ブログパーツ »

2008年7月29日 (火)

オリンピック の年の怖~い法則

7月29日(火)

暑い・・暑い・・です(-_-メ)

もうすぐ北京オリンピックが始まりますね。

私の個人的なことなんだけど・・・・・・・・・。

私の3回の妊娠はすべて オリンピックの年でした。

1976年モントリオール 。1980年モスクワ。1988年ソウル。

そして 今年もオリンピックの年です。

「もう妊娠はありえないよね(笑)」と自分自身 心の中で 思いました。

その時 ふと 頭に浮かんだのが・・・・・。

「オリンピックの年は妊娠の年ではなくて 手術の年かも???」

私の妊娠にはもれなく 手術が付いていた(+_+)

妊娠でないオリンピックの年1984年のロサンゼルスの時は子宮内膜症の手術をした。

そして 今年も もちろん 妊娠はなくて で・・で・・でも

骨折の手術をした\(◎o◎)/!

結婚してから ずっと そうなのだ(-"-)

息子が生まれてから後の バルセロナ。 アトランタ。 シドニー。 アテネ。

の4回は

子育て中で妊娠はもちろん私は手術もなかった。

で・・で・・で・・でも オリンピックの年ではなかったけど息子は4回も頭を怪我

して縫っている\(◎o◎)/!

息子の4回と言うこと自体 普通あまり あり得ない。

私の手術も普通 一般的に あり得ない状態での手術ばかりだった。

今回だって お医者様には どうやって転んだら あんな ひどい 骨折

になるのか?? と不思議がられる ほどの折れ方だった。

1回目の妊娠の時も 産後すぐの盲腸で妊娠中に虫垂が上の方に移動していて

肝臓あたりに癒着してた。

2度目も前置胎盤での帝王切開だったのだけど 初期からの

切迫流産 と前置胎盤で入院していて 両方(切迫流産と前置胎盤)で

こんな状態なのはめったにないので どういう経過をたどるか わからない

と言われていた((+_+))

その時の手術が原因の子宮内膜症になり 4年後に手術した。

この時も切ってみないとわからない状態で 結果 こんな場所の内膜症

はとても めずらしいと言われた。

全く 普通だったのが 息子の出産時の帝王切開だけです。

息子の時はオリンピックとちょっとずれて (妊娠はソウル五輪の時だったけど)

帝王切開は翌年の2月だった。だから よかったのか??

神様が4年ごとにイタズラをしているのか?

もしかして もっと 大変なことになるはず なのが 神様が??

この程度に抑えてくれてるのか??

まあ 多分全くの偶然というのが 1番 正しいのだろうけど

こんなに きっちり 続くと 怖~い気がします。

暑~い中 ちょっと ぞ~っとして涼しくなりませんか?

もちろん 全部 本当の事です(;一_一)

 

« 最近の思い | トップページ | ブログパーツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394716/22628688

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック の年の怖~い法則:

« 最近の思い | トップページ | ブログパーツ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ

facebook

無料ブログはココログ