« 歯医者 | トップページ | 骨折体験記 »

2008年5月18日 (日)

言いたい放題

5月18日(日)

きのうのリハビリの時 「調子はどうですか? 包丁とか使えますか?」

と聞かれた。

「はあ?何か月も前から

そんなことはできます。」と言う訳にはいかないので

 (多分4月初め頃には不自由なく料理してた)

「できます。」と答えると 「固いものでも大丈夫ですか?」と

いわれるので 「一応なんでも切れます。」

と答えた。

何度も私の手をさわってるのに ?今頃そんな質問するなんて(-_-メ)  と思った。

 ここは毎回担当の理学療法士さんが変わるのだけど

リハビリの経過は毎回記録してあるんだし よく読んで それぞれの患者の状態を把握して やってよね。と言いたい。

1~2週間前にも(たまたまその人にあたるのはなぜか初めてだった。)

右手がこれでは不自由でしょう?

顔洗えますか?

料理とかできますか?

と聞かれた。

「なんでもやってます。」と答えたけど

恐る恐る 腕を触られたような気がした。

「大丈夫だから もっとしっかりやって!」と云いたかったけど・・・・。

まあ 骨折してない方の手だって 力入れて押したり ひっぱったりしたら

ポキンと折れそうな細い手だし 年だって若くないし 初めてだったら様子をみるしかないかも。 

もちろん よくわかってくれてる 理学療法士さんもいます(*^_^*)

入院してた病院のリハビリは担当が決まってていつも同じ人だった。

骨折も初めてだし もちろんリハビリも初めてだったし なんで こんな事で

手が動かなくなるのかも自分の中で納得も理解もできない状態だった。

そんな状態で 泣きそうな程  相手の手をはらいのけたくなるような

痛いリハビリだった。

今のリハビリは痛いと言う前に「痛くないですか?大丈夫ですか?」

と聞かれる。

どっちがいいのか 私にはよくわからないけど

無理やりにやらないと だめなのでは?と自分の体で実感できることもある。

(今自分でやってるリハビリはかなり 無理やり痛みをこらえてやっている。)

ただ 通院であんなにきつかったら 痛みに疲れて続かないかもしれない?

ネットで調べても 無理やり痛いのを我慢してやるのもどうなのか?という意見もある。

こっちの病院も 確かにがんばっては くれている。

だんだんとリハビリの内容もふえてきて(筋トレとか) リハビリ フルコースです。(笑)

まず最初にお湯で10分手を温める 次に超音波を5分 理学療法士さんにやってもらう

順番待ちに筋トレなど自分でやれるものをする。そしてベッドに横になった状態で

曲げたり伸ばしたりマッサージしたりひっぱったりしてもらう その時電気(何か貼ってピクッピクッと感電したみたいになる)をしながら また超音波をかけてくれる。

そして最後にアイシング(冷やす)を15分 で終わる。

まあ ほんとに あれやこれや です。

だから 不満をいうのは 申し訳ない気もします。

と言いながら 言ってる(笑)

ほんとうに ごめんなさい。

実際なんでも家のことやってるけど 何をやるにも 大変です。

自分に言い聞かせながらやってる 「しっかり伸ばして! カクカク動かさないで

普通のように動かして! 痛くても我慢する!(我慢できない痛みはありません。)」

そうしないと 自分自身気持ちが「私 手が悪いから・・・。」という方向にずるずる行きそうな気がする。

最初は何とか不自由ないところまでいけば と思ってた時もあったけど

今はできるだけ元通りにしたいと思ってる。

ずうずうしいね(笑)

« 歯医者 | トップページ | 骨折体験記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394716/21014100

この記事へのトラックバック一覧です: 言いたい放題:

« 歯医者 | トップページ | 骨折体験記 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ

facebook

無料ブログはココログ